きみとはぐも

はぐもの感じたもの、暮らし、そんな感じ

petites histoires

遠い国の話(3)

同じクラスのアラブ首長国連邦から来た彼が言う。「とても暑い国だからね、車で事故をして車外に放り出されると、熱せられた道路の熱さで火傷して死んでしまう人もいるんだよ。」事故による直接的なものではない、その国特有の死因。そろそろ国をあげて道路…

遠い国の話(2)

リビア人の彼が言う。「家から近くの砂漠に友達とよくドライブに行くよ。夜に行くと空いっぱいの星が見える。」車種は分からないが、ごつそうな車で行くのか。駐車用の白線などない広大な砂漠で、車を停め若者同士どんなことを語るのだろう。

遠い国の話(1)

同じ学校に通うリビア人の彼が言う。「実家で駱駝を25匹飼っていた。自分の駱駝だったけど、学費に充てるために売ったから今はもういない。」犬や猫ではなく、駱駝を所有するとはどんな感覚なのか。あの独特な顎の動き × 25匹を想像する。

petites histoiresのこと

このページは、はぐもが出会った人々から聞いた話、はぐも自身が経験した話を、 はぐもフィルターを通して短いお話として書いていきます。 どこか遠くのふしぎなお話として楽しんでいただけたらと思います。 主にフランスで遭遇した話を載せていく予定ですが…