きみとはぐも

はぐもの感じたもの、暮らし、そんな感じ

【お料理メモ】RISOTTO リゾット

Coucou!はぐもです。

 

フランスに滞在していた時に、

フウちゃんにリゾットを作ってもらったことがありました。

「こ、これはレストランのお味ですこと!」と

叫んでしまったほど、そのおいしさにびっくりしたのでした。

f:id:hagumo17:20190504221123j:plain

フウちゃんのおいしい一皿、あ、二皿

上に乗せたハーブと一緒に食べると、鼻からおいしい香りが抜ける。

右のリゾットはムール貝の出汁でお米を炒めて、

イカ墨で色をつけていたよ。ムール貝の黄色とお米の黒がきれいね。

 

日本に帰ってから作ってみたいと思い、

フウちゃんにレシピを教わっていました。

帰国したら作る、帰国したら作る…

一切作らず、はや5カ月近く経ちました。

そうです、はぐもは「明日から痩せる!」と言うタイプの人間です。

 

作りたい気持ちはずっとあったので、

このゴールデンなウィークに作ることに。それがまさに今日。

 

冷蔵庫にずっとマグネットで止めてあったレシピ。

見てみましょう。

f:id:hagumo17:20190504205039j:plain

RISOTTOをRISOTTEと書き間違えても人生は続いていく

メモ書き中のメモ書きで、お恥ずかしいですが、

これも味ということでお許しください。

 

リゾット 1人前

材料

  • バター25g×2(最初と最後に使います)
  • 一掴み強の生米
  • 鶏のブイヨン500ml

 

フウちゃんの許可取ってないけどいいかしら。

秘蔵のレシピだったらすまぬ、相棒よ。

 

これは基本の材料になっているので、

お肉や野菜等は好きな組み合わせを選んでください。

 

では、今回の材料です。

f:id:hagumo17:20190504212927j:plain

お料理番組みたいに材料を紹介してみたかったの
  • エビ
  • 玉ねぎ
  • しめじ
  • にんにく
  • チーズ
今回、鶏のブイヨンはコンソメで代用しています。
基本の材料に、はぐもは上記の材料を加えて
エビとしめじのリゾットを作ってみようと思います。
 

➀フライパンにバター25gを溶かし、米を入れて炒める

 

f:id:hagumo17:20190504214427j:plain

日本に生米を炒める習慣などない
このフウちゃんのリゾットのレシピで、まずびっくりすることなんだ?
みなさま、答えが分かりますでしょうか。
YES,バターの量です。
一人前に合計で50gも使います。
 
正直言って、怖かった。バターはおいしい、って知ってる。
でも、怖かった。越えてはいけないラインってあるよね。
 
大体、焼き菓子なんかを作る時、
怖くなって砂糖をレシピの半量くらいにしてしまうはぐもですが、
「まずはレシピ通りやってみろ。アレンジはそれからだ」と
この言葉が頭の中に響いたので、今回は忠実にやっていきます。
 
バターの香ばしい香りの中に、お米が潜り込んでいきます。
 

②ブイヨンスープを少しずつ加え、炒める

f:id:hagumo17:20190504215422j:plain

米がスープを吸う、その米を最後に頂くのは私である

数回に分けてスープを加えていきます。
お米にスープが吸収されて、水気が無くなったらまたスープを加えます。

これを4~5回繰り返します。

まだこの時にも、お米には芯がありました。

 

スープの残りが最後の1回分になったところで、次のステップへ。

③お好みの材料を加えて炒め、最後のスープを加える

f:id:hagumo17:20190504220317j:plain

今思ったけど、フライパン1つで出来るって良いよね
「もう、いつ他の材料を炒めるのよー!」と
ヤキモキしていた奥さん、大丈夫、今がその時ですよ。 

 

材料に少し火が通ったら、残り最後のスープを加えます。

ここで一緒に煮たてることで、

材料にもバターとスープのうまみが入っていきます。

 

少し味を見ると、バターとスープで塩味はすでに効いていたので

塩は入れず、コショウを少し入れました。

 

④材料とお米に火が通ったら、バターを入れて溶かす

f:id:hagumo17:20190504222409j:plain

バターさん、お前は紅白で言う大トリだね

材料と、お米の固さを確認して、OKなら最後のバター25gを入れます。

 

はぐもは、「リゾットといったらチーズ♪」と

勝手にマジカルバナナ方式でチーズを用意していたので、

バターと一緒に加えました。

カロリー?そんな言葉、はぐもの地域にないよ。

 

バターが溶けて、大きく混ぜ合わせたら出来上がり!

 

いただきます!

f:id:hagumo17:20190504223101j:plain

盛り付けと写真を取るセンスが皆無である

フウちゃんのように盛り付けが上手にできないのは、

はぐもの特徴、とでも言おうか。フォローになっていない。

 

さて、食べてみたいと思います。

 

「レストランの味やー!」

出ました、このセリフ。

 

想像以上に美味しく出来上がりました。バター様々かしら。

最初、基本材料と好みの材料だけでちゃんと味が付くのか心配で、

もし味が無かったら作り置きしていたトマトソースを入れて

味を修正しようと思っていたのですが、そんな必要全くなかったです。

 

 

今回はエビを入れたので、魚介の味が出ていて贅沢な味になっていました。

様々な材料を使うことで、毎回違った仕上がりになって楽しいと思います。

 

ブイヨンスープの濃度のせいか、

バター(有塩)の量か分かりませんが塩気がしっかり効いていたのと、

まぁ、ほら、やっぱりカロリー?気になるでしょう、

少しバターの量を減らしても良いかなと思いました。

 

はぐものRISOTTOメモ

  •  次回はバターの量を減らしてみよう(20g×2)
  • 最初の行程:バターとオリーブオイルを組み合わせてみようかな
  • 好みの材料は脂の少ない物が合いそう(鶏肉、魚介類)
  • 最後に上からレモンを絞っても良さそう