きみとはぐも

はぐもの感じたもの、暮らし、そんな感じ

手びねり陶芸の報告をしたい

Coucou!はぐもです。

前回、5月にフウちゃんが来日してた時に

初体験をしたい!ということでやりましたよ、

初めての と・う・げ・い♡

お茶目にいやらしさを出したかったのですが伝わりましたかね?

はい、今回は陶芸体験です。

 

あるのかい?陶芸教室

フウちゃんが陶芸体験をしたいということで、はぐもも賛成!

いろいろ2人で試してみたいからねぇ。

でもどこで出来るんだ!?と思いつつ早速調べると、

私の地域でも1時間半くらい車で走れば陶芸体験できる場所を見つけました。

 

フウちゃんが電話で予約を入れてくれていたので、

週末にレッツらゴー!

 

手で感じる良い体験

なぜかカーナビにもてあそばれ、完全に悪路のみのルートを案内されたわけですが

最終的になんとか予約時間までに辿り着けたよ。

 

作業場に入ると、

「まぁ!予約の電話の時、本当に日本語上手だったわねぇ!」

とフウちゃんの日本語を褒めながら、元気な講師のおばさんが迎えてくれました。

私たち以外に3グループが参加していたよ。

 

今回はろくろ体験ではなく、「手びねり体験」をすることに。

私たちの作業台にみんなが集まって、おばさんから土の扱い方や

土台、高さの付け方、道具の使い方を教わる、教わる。

 

f:id:hagumo17:20190714222050j:plain

この作業場で、それぞれのドラマが生み出されているのだ

 

大体、一人2点くらい作れるということで、

ふうちゃんとはぐもは、まず

それぞれがお互いのお茶碗を作ろう!ということに決まり。

 

土を切って、こねて、回転台の上に置き、まん丸に切って土台を作る。

また新しく土を切って、棒状に伸ばして、土台の上に円状に乗せて土台と繋ぐ。

その上にまた棒状に伸ばした土を置き、下の段と繋ぐ…

これを繰り返していきます。

 

素手で土を触って作り上げていく、この感覚的な作業は

日常生活では忘れ去られ、遠く昔に置いてきたものを再び得たような

懐かしい感じ。

 

フウちゃんと、難しいねぇとか言いながら楽しみました。

 

フウちゃんに降りたインスピレーション

さて、お互いのお茶碗が出来たところで2点目。

はぐもは日本酒でもちょこっと入れて飲む用のコップを作りました。

 

で、隣を見ると、フウちゃんは作って、やめて、作って、やめて。

ん?まさか、何を作りたいか分からなくなってるー!

そして、周りのグループは終わって帰りだしてるー!

焦りますよね…

 

すると、途中から無言でどんどん作り出したフウちゃん。

聞けば、

「インスピレーションが…」とか何とか言ってる。

 

まぁ、神がかってる感は醸し出してたけど、

よく見ると、土と土の繋ぎ目、雑ですぜ。完全に焦ってるやんけ。

 

f:id:hagumo17:20190714222358j:plain

誰も寄せ付けない雰囲気で作業中。雰囲気ね

 

最後は割と諦め気に「できた」と言ってました。

んで、これは何としたものだろう?花瓶?

 

 

陶器に付けてもらう色を決め、

お茶碗の底にはお互いの名前を入れてもらうことにしました。

 

おばさんによると、60日程で出来上がるそうで

取りに来るか、家に郵送か選べたので、郵送でお願いしました。

 

f:id:hagumo17:20190714222530j:plain

手には頑張った証拠。お疲れ様

 

わたしたちの作品、わたしたちの食器

フウちゃんもフランスに帰り、すこしお茶碗の事を忘れていたある日。

届きました。

 

f:id:hagumo17:20190714223010j:plain

クロネコのお兄さんが瀬戸物を運んできてくれました

 

たくさんの新聞紙をかき分け、開けてみる!

 

初めてで土の量や薄さの調整方法が分からなかったこともあってか

焼き上がりを見ると、

ふむ、お茶碗っぽくないね。あと、少し重いかな。

けれど、手作りの可愛らしさはある。

 

f:id:hagumo17:20190714224121j:plain

おや、みんなで澄まし顔

 

2人で住み始めたら、

お互いのために作ったこのお茶碗を大切に使おうと思います。

 

そして、フウちゃんの謎の作品。上の集合写真では一番左のやつです。

出来上がっても、やっぱり謎の陶器に仕上がってました。

 

分かり辛いと思うので、詳しく見てみましょう。

 

f:id:hagumo17:20190714225812j:plain
f:id:hagumo17:20190714225823j:plain
なんか「ひねり」入ってますけど

 

 指にフィットする湾曲感。とりあえず、持ちやすい。そこは100点!

 

f:id:hagumo17:20190714230125j:plain

はぐもの親指のめり込み具合だけを見てください

 

 

そんなフウちゃんは「次はろくろ体験もしようね」とはりきっております。

またインスピレーション降りてくると良いね!ほんとに!

 

追伸

パリのレストランで自分の作品に似たものを見つけたんだと。 

f:id:hagumo17:20190714230533j:plain

こっちの方が思い切り感あるよね